抽象画から未分野の風景画ということで、この一年は試行錯誤してきた、まあ情緒的な風景画は描いていて葛藤がなく心地よいが銭湯絵のようで空しい、しかし無為な裁判沙汰と違い、この世界は修練すれば結果は応えてくれる。 たぶん200点以上はあるが描くのは容易いが売るのは大変そうで不安なり。



一室へ 二室へ 三室へ  四室へ  五室へ  六室へ  七室へ 我が再審事件の心象風景


春の宵に紅灯緑酒と行きたいが諸般の事情から敵わない、我が事件屋訴訟沙汰も終わり四次再審請求も始まる、こうした想いを絵にするとこうなる、これらは段ボールに描いた非規格だから非売品。































我が描く海は抽象画にするとこうなるが、何が何だか判らず落書きにされる






F3号 額・送料込み 一万五千円




F3号 額・送料込み 一万五千円




F3号 額・送料込み 一万五千円




F3号 額・送料込み 一万五千円




額サイズA4 額・送料込み 一万円




額サイズA4 額・送料込み 一万円